スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アリス起き攻め考察1 

しばらくアリスをメインキャラに据えて修行に励んでみることにする。
今のところExtraとHardの間をふらふらしている程度の能力なので
レベルうpのネタは豊富にあるぜいぇーい。

アリスといえば人形、特に人形と同時に襲い掛かる置き攻めが重要なダメージソース。
もちろん相手にとっては大ピンチ、なんとか切り抜けようとするはずなのでここ一番の勝負どころ。
今回はいまさらながら前置き上がりの距離だけまとめて調べてみた。

続きを読む以降に画像だらけの重いページがあるので注意。
操作としてはプラクティスで

1.相手を画面端まで押す
2.4Cを配置
3.相手をAAAAで転倒させて前置き上がりさせる
4.起き上がったところをキャプチャ

霊夢


魔理沙


咲夜


アリス


パチュリー


妖夢


レミリア


幽々子





萃香


早苗


チルノ


美鈴





諏訪子


優曇華





小町


衣玖


天子



あんまり細かいと覚えきれないのでとりあえず大雑把にグループ分けして、
かなり短いグループと短いグループだけ覚えるのがよさそうだ。

かなり短い:咲夜・霊夢
短い   :優曇華・魔理沙・萃香・美鈴
中間   :レミリア・小町・天子・文・妖夢・幽々子・紫・早苗・諏訪子
長い   :パチュリー・アリス・チルノ
かなり長い:衣玖・空

かなり短いグループのキャラは至近距離でのダウン
 →その場で4Cを出せば射撃のカバー範囲に収めることができる。
  対咲夜、対霊夢はダウン取ったら即4C。よし覚えた。

短いグループのキャラは至近距離でのダウン
 →その場で4Cを出すとカス当たりになるが一応当たる。
  余裕があれば少し後ろに下がるようにすると良い形にもっていけそう。

中間のグループはこちらが先に動ける状況でのダウンなら
少し後ろに動いて4Cを出せば射撃のカバー範囲に収められることが多い。
まぁあくまで状況次第かと。

長いグループは前起き上がりを読んだとしても捕らえられないことが多いので
起き攻めは諦めたほうがいいかも。

スポンサーサイト
[ 2010/01/30 00:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tigerrr.blog91.fc2.com/tb.php/59-7f42da51




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。